Top > クレジットカードのキャッシングは金利だけで判断すべきか

クレジットカードのキャッシングは金利だけで判断すべきか

クレジットカードのキャッシング利用は金利が高いため敬遠されています。
しかし、必ずしもそうは言い切れません。
利用金額が少額であれば利率の差は大して表面化しないのです。
つまり利用金額が少ないのに金利差があることを理由にしてわざわざ信販会社のカードローンを申し込む必要があるかと言うことです。
信販会社に申込をすると、ほとんどの場合勤めている会社に在籍確認の電話があります。
後ろめたいことではないのですが、会社に信販会社から電話があると多重債務者ではないかと疑われることが多く、結構後々ややこしいことになるのです。
これを嫌がってクレジットカードのキャッシングを利用している人が案外多いのです。
もちろん利用金額が多ければ、利率の差は無視できなくなりますが、利用金額が十万円であれば、年利1%あたり1年で千円です。5%でも5千円です。
1年間もせずに完済するのであればもっと差は少なくなります。
その程度の差でわざわざ新しい契約をする必要があるかを判断する必要はあるでしょう。

専業主婦キャッシングSC35の詳細はこちら

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
リッドキララ(2018年12月 5日)
タクシーの実際の平均年収と給料ってどれくらい?(2018年6月22日)
脱毛サロンに関するあるあるで837(2017年7月18日)
脱毛エステを活用するのが834(2017年7月18日)
正しい意味での永久脱毛の処理を行うためには...834(2017年7月18日)